アジアの経済統合と保護主義: 変わる通商秩序の構図

Front Cover
文眞堂, 2019 - Asia - 219 pages
トランプ米大統領により保護主義の嵐が吹き荒れる中、アジアの経済統合は果たして自由貿易体制を守る防波堤となれるか。米中貿易戦争などで揺らぐアジアの通商秩序、CPTPP、RCEP、ASEAN経済共同体2025、一帯一路構想など、アジアの経済統合が直面する焦眉の課題を鋭く分析。アジアを学ぶ学生、アジアビジネスに携わる関係者にとって必読の書。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information