「こつ」と「スランプ」の研究: 身体知の認知科学

Front Cover
講談社, 2016 - Mind and body - 285 pages
内角高めの球を打つ、料理の火加減を調節する、説得力あるプレゼンをする...スランプではことばが増え、こつをつかむと体感で御す。「からだ」の学びに、なぜ「ことば」が必要なのか?身体知の解明に挑む、認知科学の最前線!

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information