3・11から考える「この国のかたち」: 東北学を再建する

Front Cover
今まで何を聞き書きしてきたのか―。厳しい自己認識から再出発した著者は、土地の記憶を掘り返し、近代の残像を探りつつ、剥き出しの海辺に「将来の日本」を見出していく。津波から逃れた縄文貝塚、名勝松島の変貌、大久保利通が描いた夢、塩田から原発、そして再び潟に戻ったムラの風景...。災厄から学ぶべき思想とは何か。問いと発見に満ちた一冊。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information