十津川警部猫と死体はタンゴ鉄道に乗って

Front Cover
講談社, 2012 - 174 pages
東京・谷中にある「カフェ猫」の主人が子猫とともに焼死体で見つかった。事件直前にウエイトレスの野中弥生が「大江山いく野の道の遠ければまだふみもみず天の橋立」の歌を残して失踪したことが判明。警視庁・西本刑事は、歌に詠まれた丹後に赴くが、聞き込み相手は一様に口が重い。隠された過去に何が?そして東京で新たな殺人が発生!次なる殺害阻止へ、十津川も丹後へ向かう。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information