福祉工学の挑戦: 身体機能を支援する科学とビジネス

Front Cover
中央公論新社, Dec 20, 2004 - 210 pages
急速な高齢化が進むなか、高齢者や障害者の日常生活を工学面から支援する「福祉工学」が注目を集めている。これは、失われたり衰えたりした感覚や手足、脳の機能を、機械で補助・代行する工学分野である。本書では、この分野の草創期から一貫して携わっている著者の経験をたどりつつ、これまでビジネスとしては成り立ちにくいとされていた福祉が、ひとつの産業として大きな可能性を秘めていることを示す。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information