グローバリズムという妄想

Front Cover
日本経済新聞出版社, 1999 - 324 pages
世界を席巻するかに見えるアングロ・アメリカン市場主義こそ、価値の多元性を否定し、経済と社会を混乱に陥れる元凶だ!グローバリゼーションの虚妄と危険性を痛烈に批判し、欧米論壇で話題を呼んだ注目書、待望の邦訳。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information