インターネットの憲法学

Front Cover
岩波書店, Dec 17, 2014 - Constitutional law - 490 pages
ヘイトスピーチ、リベンジ・ポルノ、パケットスニッフィング、忘れられる権利、児童ポルノ規制、グーグルブック・クラウドサービスと著作権侵害...。初版当時には予想もできなかった新しい法律問題が生じるなかで、ネット空間における「表現の自由」について、どのように考えたらよいのだろうか。好評を博した初版から12年、待望の新版。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information