こどものえがおにあえるから: 保育者の労働実態と専門性に関するアンケート調查報告書

Front Cover
ミネルヴァ書房, 2007 - 175 pages
国家資格化されたことで、専門職としての責任と役割が明確になり、子育て支援の担い手として社会からの期待が高まる一方の保育士。しかし現在、国や自治体は、既存制度の見直しをすすめており、保育現場は激動の時期をむかえている。本書は、東社協保育士会所属の保育士1000人に行ったアンケート調査を基に、その専門性と労働環境の関係を探り、現場が抱える問題を明らかにする。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information