日本の黒い夏: 冤罪・松本サリン事件

Front Cover
岩波書店, Mar 5, 2001 - Crime and the press - 200 pages
一九九四年夏、長野県松本市、援けを求める一本の電話は思わぬ闇へと繋がっていった...松本サリン事件の記録をもとに、警察とマスコミによる犯人捏造の構造を暴き、真実を求めて闘う人々の勇気を描いた熊井啓監督の最新作。シナリオと監督日誌に加え、河野義行、佐高信、佐藤忠男氏らのエッセイから、事件と現代日本の裏面に迫る。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information