縄文社会の考古学

Front Cover
同成社, 2001 - Japan - 586 pages
縄文社会を論じる珠玉の論考集!著者の研究生活が生みだした論文の量は厖大である。...著者一流の論文を、総合的に検討するなどということは、誰も試みようとしなかったし、せいぜい部分部分をつまみ食い的に援用してお茶をにごしていたにすぎなかった。しかし、それは脂汗を流して「縄文社会」と格闘した研究者に対する処し方ではない。その意味で著者の縄文集団・社会論を一書とする意義はけっして小さくない。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information