断絶と新生: 中近世ヨーロッパとイスラームの信仰・思想・統治

Front Cover
神崎忠昭
慶應義塾大学言語文化研究所, Mar 31, 2016 - 263 pages
異文化との接触や宗教改革、体制の激変など、中近世キリスト教世界とイスラーム世界を襲った幾度もの断絶を人びとはいかに受け止め、乗り越えようとしたのか。遺された史料から、彼らを取り巻く世界や時代の刻印を読み解く。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information