生命とは何か

Front Cover
東京教学社, 2002 - 168 pages
本書は、生化学、分子生物学の基本を説明することで、最近のゲノム科学やゲノム医学を理解し、分子生物学の生命現象の解明にむけての挑戦や、医学の分野で果たしてきた役割を通じて、生命とは何かについて考えるものである。単に基本事項を羅列するのではなく、たとえば幹細胞による再生医学やアルツハイマー病について、あるいはアスピリンやバイアグラなどの薬剤についてなど、医学関連のトピックスの説明も試みた。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information