あらすじで読む古典落語の名作: いつでもどこでも楽しめる101噺!

Front Cover
楽書舘, 2004 - Japanese wit and humor - 215 pages
アニメになった『あたま山』。子供たちも暗誦している『寿限無』。お馴染みの与太郎と熊さん八つぁん、ご隠居さん。知ったかぶりの代名詞となった『酢豆腐』。こじつけの『千早振る』などなど―。落語のエッセンスが詰まったこの一冊を読めば、あなたはたちまち落語の虜。疲れた心身を、笑って、癒して。

What people are saying - Write a review

Review: あらすじで読む古典落語の名作―いつでもどこでも楽しめる101噺! (楽書ブックス)

User Review  - Bibliothekarin - Booklog

http://toshonet.blog37.fc2.com/blog-entry-2.html Read full review

Bibliographic information