大中華圏: その実像と虚像

Front Cover
岩波書店, 2004 - China - 305 pages
台頭する中国経済。摩擦を起こす日中のナショナリズム。中国経済との一体化が進み、大衆文化が相互浸透しながら、なぜ日中は歴史問題でいつも躓き、未来を志向できないのでしょうか。中国脅威論でも、中国礼賛論でもなく、虚像に翻弄されず、眼前に迫ってくる中国の実像を見極めたい。キーワードは「大中華圏」=グレーター・チャイナ。歴史問題から環境問題にいたるまで、「大中華圏」の抱える問題の本質に迫り、「大中華圏」と連携するための模索を、総勢五〇名の各分野の学者・識者たちが提言します。二〇〇八年の北京オリンピックから二〇一〇年の上海万博へと発展を続ける中国を的確に捉えるための定本。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information