黄昏の岸暁の天: 十二国記

Front Cover
新潮社, 2014 - Animals, Mythical - 478 pages
驍宗が玉座に就いて半年、戴国は疾風の勢いで再興に向かう。しかし反乱鎮圧に赴いた王は戻らず、届いた凶報に衝撃を受けた泰麒も忽然と姿を消した。王と麒麟を失い、荒廃へと向かう国を案じる将軍は、命を賭して慶国を訪れ、援助を求める。戴国を救いたい―景王陽子の願いに諸国の麒麟たちが集う。はたして泰麒の行方は。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information