時計の科学: 人と時間の5000年の歴史

Front Cover
講談社, 2017 - 238 pages
人類が「時間」の存在に気づいたのは、いまから5000年以上も前のことです。太陽の動きを利用した「日時計」から始まり、周期を人工的につくりだす「機械式時計」の誕生、精度に革命を起こした「クオーツ時計」、そして、時間の概念を変えた「原子時計」まで。時代の最先端技術がつぎ込まれた時計の歴史を余すところなく解説します。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information