都市の環境倫理: 持続可能性、都市における自然、アメニティ

Front Cover
勁草書房, 2014 - Environmental ethics - 231 pages
ロマンチックな「環境保護」から市民が議論し規範を作り出す環境倫理学へ。これまでの環境倫理学と都市研究をふまえながら、都市の持続可能性、都市における自然、都市の快適な居住環境(アメニティ)の維持という三つのテーマを軸に規範的な論点をわかりやすく提示する。身近で具体的な現場から環境倫理を考える入門書。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information