無葬社会: 彷徨う遺体変わる仏教

Front Cover
2030年、孤独死予備軍2700万人。65歳以上の「一人暮らし+夫婦のみ世帯」=孤独死予備軍。毎日、都会のどこかで、誰にも看取られず、続々と人が死んでゆく。変わりゆく葬儀と供養のかたち、変わらぬ仏教界、もがく僧侶―。ベストセラー『寺院消滅』の著者による渾身の最新刊!

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information