ピタゴラスの定理: 4000年の歴史

Front Cover
岩波書店, Feb 27, 2008 - 353 pages
ピタゴラスの定理ほど重要で誰にもよく知られた数学の定理はない。その定理を窓にして、古代バビロニアから今日まで四千年に及ぶ数学の発展と文化への影響を生きいきと描く。四百種を超える定理の証明法、ワイルズによるフェルマーの最終定理の証明、バビロニア人たちの驚くべき数学の水準、ピタゴラスやアルキメデスのこと、代数の体系化、座標の導入、微積分学の創始、微分幾何、非ユークリッド幾何学、相対性理論、音楽と数学の類似性、...。数学とその歴史に関心のある人には、たまらなく楽しい、話題満載の数学歴史物語。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information