子どものこころに寄り添う営み

Front Cover
慶應義塾大学出版会, 2019 - 229 pages
子どもは、純粋に他者を思う大人との出会いを切望している。日常生活を通した子どもとのかかわりの数々のエピソード。そこには対人援助職者に限らず、育児にかかわる者が見落としがちな「眼差し」がある。そして、「養育」の本質が、子どもを育むという営みに通底することに気づくだろう。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information