大阪万博が日本の都市を変えた: 工業文明の功罪と「輝く森」の誕生

Front Cover
ミネルヴァ書房, 2018 - Expo (International Exhibitions Bureau) - 309 pages
一九七〇年、大阪万博。その開催のために切り開かれ、更地となった会場の跡地が森に生まれ変わるという奇跡は、いかにして可能になったのか。本書は、万国博覧会や都市における公園の歩みを通じて、今までの日本と世界の歴史を振り返り、これからの文明の姿を模索するものである。持続可能な生物多様性社会に向けた公園・都市・文明のあり方を、大阪万博および万博公園の計画に携わった環境プランナーである著者が、これまでの総括とともに提言する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information