口腔外科学

Front Cover
松矢篤三, 白砂兼光
医歯薬出版, 2000 - 853 pages
口腔外科学の進歩は最近めざましいものがあり、その診療内容は多岐にわたり、対象患者も増加している。そのため、歯学、医学の一般的知識に加えて、より専門的な知識と医療技術が要求されるようになった。本書は、口腔外科学の進展の歴史的背景を考慮し、内容を卒後口腔外科教育を受ける者を対象として執筆されている。また、本書は口腔外科認定医師試験の参考書として利用していただけるようになっている。さらに、全体の骨組(章建ておよび細項目)は口腔外科教授要項や国家試験ガイドラインを十分に考慮した。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information