病原菌と国家: ヴィクトリア時代の衛生・科学・政治

Front Cover
名古屋大学出版会, Feb 15, 2016 - 298 pages
公衆保健と実験医学は、19世紀に相次いで産声を上げた。数々の施策を経て国家医学から帝国医学へと至った前者と、進化論を組み込みながらイギリス独自の展開を遂げた後者。それらの全体像と相互の関係を初めて明らかにし、社会と医学の関係を問い直す力作。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information