剣と清貧のヨーロッパ: 中世の騎士修道会と托鉢修道会

Front Cover
中央公論新社, 2017 - 278 pages
俗世間を離れ、自らの心の内を見つめる修道院。だが12世紀、突如その伝統から大きく離れた修道会が生まれた。騎士修道会と托鉢修道会である。かたや十字軍となって聖地エルサレムやイベリア半島、北方で異教徒と戦い、かたや聖フランチェスコらが都市のただ中で民衆の信仰のあり方をラディカルに変革した。これら“鬼子”ともいうべき修道会の由来と変遷を、各修道会の戒律や所領経営などにも注目しながら通観する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information