小林一茶: 時代をよむ俳諧師

Front Cover
山川出版社, 2012 - Poets, Japanese - 95 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
「我と来て遊べや親のない雀」とよんだ小林一茶は、慈愛に満ちた俳諧師として知られている。また、江戸の著名な俳諧師のなかでたくましく生きながら、滑稽味豊かな句をよみつづけた一茶像を想像する方もおられることだろう。一茶は日本や中国の古典を研究しつづけた勉強家で、自分が生きた時代を真摯にみつめて句によんだ俳諧師でもあった。本書ではそんな句を紹介しながら、歴史学的な関心から、一茶像に新たな側面を加える。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information