キャラ化する/される子どもたち: 排除型社会における新たな人間像

Front Cover
岩波書店, 2009 - Identity (Psychology) - 63 pages
価値観が多元化した社会で感じる閉塞感。気遺いに満ちた「優しい人間関係」のなかで圏外化におびえる恐怖感。ケータイやネット、家庭から学校といった日常は、過剰な関係依存と排除で成り立っている。子どもたちにとって、現実を生き抜くための羅針盤、自己の拠り所である「キャラ」。この言葉をキーワードに現代社会の光と影を読み解き、「不気味な自分」と向きあうための処方箋を示す。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information