生物の大きさはどのようにして決まるのか: ゾウとネズミの違いを生む遺伝子

Front Cover
化学同人, Nov 30, 2013 - DNA. - 206 pages
絶滅した恐竜には巨大なものがいた。現在の世界でも巨大なクジラや樹木がある。一方、肉眼では見えない小さな生物もたくさん存在する。生物の大きさは多様であり、どの生物にとっても重要な特徴となっている。では、生物の体の大きさはどのようにして決まるのか。全容は複雑で未解明な部分が多いものの、その仕組みが少しずつわかってきた。本書では、現在までに明らかになった大きさ決定の遺伝子レベルの話から、ペットや農作物などの大きさを自由に変えるような応用的な話まで、わかりやすく解説する。

What people are saying - Write a review

Review: 生物の大きさはどのようにして決まるのか: ゾウとネズミの違いを生む遺伝子 (DOJIN選書)

User Review  - 桜ヶ丘_med/dent/health_ - Booklog

http://catalog.lib.kagoshima-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BB14184627?caller=xc-search Read full review

Bibliographic information