改訂版どんなときどう使う日本語表現文型500 短文完成練習帳: N1~N3の重要表現文型を網羅した、短文完成の練習帳

Front Cover
2010年7月から、「日本語能力試験」が改訂され、これまで1級~4級という4段階だった試験のレベルが、N1~N5、という5段階になります。本書はこの改訂に 『どんな時どう使う日本語表現文型500』と併せて、長らく日本語教育の現場で使用されてきた、『どんな時どう使う日本語表現文型500 短文完成練習帳』。2010年7月から、「日本語能力試験」が改定され、これに伴い、先に『改訂版どんなときどう使う日本語表現文型500』が発行されました。その改訂に合わせ、レベル分け、例文、練習問題に手を加えたのがこの練習帳です。

本練習帳は、日本語の初級の勉強を終えた学習者が、中・上級(N3~N1)の表現文型を学ぶ助けになるようにと作られました。N3~N1の重要表現文型を例文で確認した後、その表現文型を使って文を完成させる練習をすることで、単なる知識ではなく、使える力が身に付きます。効果的な使い方としては以下が考えられます。

■教室で教師から、または参考書などから表現文型を学ぶ際、本練習帳でその表現文型を使った文完成練習をすることで理解を深める。

■『改訂版どんなときどう使う日本語表現文型500』で表現文型の機能、接続について学習した後、本練習帳を使い、知識の定着を図る。

この練習帳で学習し、リポートや作文などを書く際に、多くの表現文型を自信を持って適切に使えるようになってください。

※本書は1997年7月に発行された『どんな時どう使う日本語表現文型500 短文完成練習帳』の改訂版です。
※本書は『改訂版どんなときどう使う日本語表現文型500』(アルク共著)に準拠しています。
 

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Contents

1 行為の対象
7
2 目的手段媒介
10
3 起点終点限界範囲
12
4 時点場面
16
5 時間的同時性時間的前後関係
19
6 進行相関関係
24
7 付帯非付帯
27
8 限定
29
18 逆接譲歩
67
19 原因理由
71
20 仮定条件確定条件
77
21 逆接仮定条件
81
22 不可能可能困難容易
83
23 傾向状態様子
86
24 経過結末
90
25 否定部分否定
96

9 非限定付加
31
10 比較程度対比
36
11 判断の立場評価の視点
43
12 基準
47
13 関連対応
50
14 無関係無視例外
53
15 例示
56
16 程度の強調
59
17 話題
63
26 伝聞推量
101
27 心情の強調避けられない心情や行動
104
28 誘い勧め注意禁止
108
29 主張断定的評価
110
30 感嘆願望
113
索引50音順
116
解答例
123
奥付
140
Copyright

Common terms and phrases

Bibliographic information