焦土の記憶: 沖縄・広島・長崎に映る戦後

Front Cover
新曜社, 2011 - Japan - 534 pages
沖縄・広島・長崎の「語り」から戦後日本を問い直す。沖縄戦体験や被爆体験はいかに語られてきたか。そこに戦後日本とのいかなるねじれを見ることができるのか。「断絶」と「継承」の錯綜する力学を解きほぐし、戦後の「記憶」を批判的に検証する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information