遺伝子増幅PCR法: 基礎と新しい展開

Front Cover
共立出版, 1992 - 228 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
PCR(ポリメラーゼ鎖伸長反応)法は、DNAポリメラーゼによる鋳型特異的なDNA合成反応を繰り返すことにより、目的のDNA断片を数十万倍に増幅させる反応である。本書は、このPCR法という発明されてまだ数年だが生物科学を根底から変換させる新しい技術について詳述。
(「蛋白質核酸酵素」臨時増刊を単行本に改装発行)

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information