先生も子どももできる楽しいなりきりあそび

Front Cover
黎明書房, 2001 - 27 pages
模倣は二歳ごろから盛んになり、手・足や身体を使って盛んに真似っこあそびをしはじめます。三歳~四歳ごろがその頂上といわれ、このころから想像力が盛んになり、模倣の欲求も強くなり、「ごっこあそび」があそびの主力になります。五~六歳の幼児や小学校低学年になっても、「なったつもり」や「なりきる」ことが好きで、眼に入った動物や乗り物、働く人、アニメの登場人物などに「なりきって」いるのをよく見かけます。この「ごっこあそび」は子どもの自由あそびですが、本書では一歩進んで、「劇」への前段階としての「劇的なりきりあそび」を提案しています。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information