毛沢東: 実践と思想

Front Cover
岩波書店, 2003 - Heads of state - 439 pages
戦争と革命と冷戦に彩られた現代史を生き抜いた毛沢東。彼の全生涯に渉る革命と建設を貫く思想の核心は何か?内なる束縛を突破して身体と精神を最高に発展させる格闘を経て、帝国主義の侵略に抵抗し、国家独立と人民革命を結合した毛沢東の思想の一貫性を究明し、「救亡」と「民主」の課題を背負った中国近代思想史の中に位置づける。人民という主体を構築し、統一戦線・武装闘争・党建設という方法を用いて革命をなしとげ、建国の後、改造・建設を進めて、軍事・外交・内政・経済・文化の各分野で、中国は新たな課題に直面した。文化大革命に至る険しい道の途上で、現代中国が達成した成果と刻まれた深い傷痕とは?毛沢東が成した具体的諸事業に即して、思想の一貫と変化と残された疑問を内在的に解明していく。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information