スイソンシリョウオスクウ: フウスイガイカラノレキシシリョウホゼン

Front Cover
松下正和, 河野未央
岩田書院, 2009 - Archival materials - 158 pages
阪神淡路大震災後の被災歴史資料保存から生まれた歴史資料ネットワークにとって、2004年の風水害への対応は、新たな画期となる出来事でした。大規模な風水害の場合、汚水で水損した紙史料は、高温の中ですぐにカビが繁殖し、腐敗が始まります。家屋も浸水のみの場合は、次の日から片付けが始まり、保全不可能と判断された紙史料はそのまま廃棄されてしまう可能性が高くなります。このような地震と異なる大規模水害へいかに対応するのか。私たちは地震とは異なる水害被災地での活動に取り組み、様々な問題にぶつかってきました。被災地での組織結成の支援など、地震の経験を活かし、更に発展させることができた部分とともに、これまで経験のない、水損時の史料保全の方法を現場で開拓していきます。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information