藤原行成「権記」: 全現代語訳

Front Cover
講談社, 2011 - Japan - 503 pages
『権記』は、平安中期、九条流藤原氏の嫡流で三蹟の一人と称される藤原行成の日記である。青年期は不遇であったが、長徳元年(九九五)、蔵人頭に抜擢されて以降は、一条天皇や東三条院、藤原道長の信任を得、側近の能吏として順調に累進してゆく。日々の宮廷の政治・儀式・秘事が細かく記され、貴族の多忙な日常が見える第一級史料、初の現代語訳。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information