関係発達論の展開: 初期「子ども-養育者」関係の発達的変容

Front Cover
ミネルヴァ書房, 1999 - 347 pages
はじめての子どもの誕生とその後の成長の歩みは、養育者となった人の養育者としての成長の歩みでもある。誕生から1年間の子どもの成長の事実と「育てられる者」から「育てる者」への養育者の変わり身を、精緻な参加観察を通して明らかにした関係発達論の展開。『関係発達論の構築』姉妹編。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information