コンビニ人間

Front Cover
文藝春秋, 2016 - Convenience stores - 151 pages
36歳未婚女性、古倉恵子。大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。これまで彼氏なし。日々食べるのはコンビニ食、夢の中でもコンビニのレジを打ち、清潔なコンビニの風景と「いらっしゃいませ!」の掛け声が、毎日の安らかな眠りをもたらしてくれる。ある日、婚活目的の新入り男性、白羽がやってきて、そんなコンビニ的生き方は恥ずかしいと突きつけられるが...。「普通」とは何か?現代の実存を軽やかに問う衝撃作。第155回芥川賞受賞。

What people are saying - Write a review

Review: コンビニ人間

User Review  - zawawaism - Booklog

2016/09/22 Read full review

Review: コンビニ人間

User Review  - kns-lib - Booklog

913.6||Mu59 Read full review

Other editions - View all

Bibliographic information