古事記の宇宙論

Front Cover
平凡社, 2004 - Cosmology - 210 pages
日本古代の神話は、たんなる素朴な言い伝えでも、歴史的出来事を反映しただけのものでもない。それは、古代農耕社会に不可欠だった宇宙観と自然観、すなわち天体の運行や季節の循環についての体系的知識を神々やさまざまな象徴=記号に託して表現した緻密で壮大な宇宙論なのだ。記号論と神話論理学の手法を駆使して、宇宙劇としての『古事記』の壮大な体系を読み解く。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information