銀座復興他三篇

Front Cover
岩波書店, 2012 - 232 pages
「復興しないったってさせてみせらあ。日本人じゃあねえか。」焼け野原の銀座にたったひとつ灯った、トタン小屋の飲み屋のランプ―作家と実業家、二足の草鞋を生涯貫いた水上滝太郎(1887‐1940)が、関東大震災後の銀座の人びとを描いて力強い『銀座復興』。他に、『九月一日』『果樹』『遺産』を収録。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information