パリが愛した娼婦

Front Cover
角川学芸出版, 2011 - 237 pages
シャンゼリゼ、ブローニュの森、アパルトマン。資本主義の発達と共に、娼婦たちが街を闊歩しはじめた。19世紀のパリを彩った欲望の文化に迫る。小説、写真、豊富な資料で綴る娼婦の文化史。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information