総合和声: 実技・分析・原理

Front Cover
音楽之友社, 1998 - 533 pages
本書は東京芸術大学音楽学部の音楽理論とソルフェージュの授業のために作成された和声教科書である。本書の学習対象は、バロックからロマン派に至る西洋音楽の和声が中核となる。実技篇と分析篇は、専らこの枠内に留まる。他方、原理篇では、理論と学習の射程を中世・ルネッサンスから近代・現代に至る西欧多声音楽の全史に広げる。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information