比較から世界文学へ

Front Cover
水声社, 2018 - 261 pages
「比較文学」の世界的研究者で、ノーベル文学賞選考にも関わる著者が、これまでのヨーロッパ中心主義を乗り越え、真に地球的視座にたち語った、「世界文学」の可能性とあるべき姿。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information