現代語訳吾妻鏡

Front Cover
五味文彦, 本郷和人, 西田友広
吉川弘文館, 2015 - Japan - 151 pages
弘長3年(1263)11月、北条時頼が没する。文永元年(1264)8月、時頼嫡男北条時宗が連署となり、いよいよ政治の表舞台に現れる。文永3年(1266)6月、時宗・北条政村・金沢金時らは将軍宗尊親王側近の陰謀について密議し、7月4日、宗尊親王は京に送られる。同月20日、親王入洛の記事を以て『吾妻鏡』は全巻の筆を止める。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information