西洋中世の罪と罰: 亡霊の社会史

Front Cover
講談社, 2012 - Dead - 253 pages
エッダ、サガに登場する粗野でたくましい死者のイメージは、中世後期の『黄金伝説』『奇跡をめぐる対話』では、生者に助けを求める哀れな姿となる。その背景には何があったのか?キリスト教と「贖罪規定書」そして告解の浸透...。「真実の告白が、権力による個人形成の核心となる」(M・フーコー)過程を探り、西欧的精神構造の根源を解き明かす。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information