オイディプス王

Front Cover
岩波書店, 2009 - 160 pages
オイディプスが先王殺害犯人の探索を烈しい呪いの言葉とともに命ずる発端から、恐るべき真相発見の破局へとすべてを集中させてゆく緊密な劇的構成。発端の自信に満ちた誇り高い王オイディプスと、運命の逆転に打ちひしがれた弱い人間オイディプスとの鮮やかな対比。数多いギリシア悲劇のなかでも、古来傑作の誉れ高い作品。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information