開発援助の社会学

Front Cover
世界思想社, 2005 - Economic assistance - 268 pages
20世紀に人類史上初めて登場した「開発援助」という現象は、価値観を異にするアクター間の相互行為である。援助をはさんで向かい合う「援助者=我々」と「被援助者=彼ら」の間に生起する事象の考察を通して、関与の学としての「開発援助の社会学」を模索する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information