若者の戦後史: 軍国少年からロスジェネまで

Front Cover
ミネルヴァ書房, Sep 30, 2015 - Youth - 346 pages
本書は、戦前・戦後の混乱期から今日に至る若者をめぐる言説を、「社会階層と社会移動全国調査(SSM調査)」のデータをもとに検証する。時代状況に左右されながら、様々に語られ続けてきた若者たち。今日の新自由主義的な「自己責任論」にたどりつくまでの若者言説を計量歴史社会学の手法で再検討する。「軍国少年」の時代から「ロスジェネ」まで、若者の歩んだ軌跡を描き出す。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information