ステップファミリー: 子どもから見た離婚・再婚

Front Cover
KADOKAWA, 2021 - Broken homes - 220 pages
子どもは「新しい親」を求めていない!「親になろうとしてごめんなさい」。ある幼女虐待死事件の裁判で、継父の被告が発した言葉はすべてを象徴していた。“ステップファミリー=再婚者の子がいる家族”では、継親の善意が子どもを追いつめやすい。「親代わり、良い親にならなければいけない」。日本の伝統といえる家族観が親も子も不幸にしている。現実を受け止めた先に見える、親子が幸福に生きる“家族の形”。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information