西洋音楽史再入門: 4つの視点で読み解く音楽と社会

Front Cover
春秋社, 2016 - 300 pages
音楽史の見方を変える一冊。音楽と社会の関係性に着目し、中世から現代にいたる西洋音楽史の流れを「楽譜」「楽器」「人」「場と機能」の4つの視点から読み解く、音楽史再編の意欲的な試み。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information