カール・シュミット入門講義

Front Cover
作品社, 2013 - 485 pages
21世紀最も重要、かつ“危ない”思想家の主要著作と原文を徹底読解し、“危うく”理解され続けるキーターム「決断主義」、「敵/味方」、「例外状態」などを、その思想の背景にある彼が生きた時代と独特な世界観を探りながら、丁寧に解説。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information