でっちあげ: 福岡「殺人教師」事件の真相

Front Cover
新潮社, 2007 - Bullying in schools - 253 pages
「早く死ね、自分で死ね!」二〇〇三年六月、全国ではじめて「教師によるいじめ」と認定される事件が福岡で起こった。問題の小学校教師は、担任児童を自殺強要や凄惨な暴力でPTSDによる長期入院に追い込んだとされ、「殺人教師」とまで報じられた。だが後に、この一連の事実は、児童両親による「でっちあげ」だったことが明らかになっていく...。親の言いなりになる学校、妄信するマスコミ、医師、550人もの大弁護団...病める教育現場で起こった驚愕の冤罪劇。

What people are saying - Write a review

Review: でっちあげ―福岡「殺人教師」事件の真相 (新潮文庫)

User Review  - ななし - Booklog

2011/05/21 Read full review

Other editions - View all

Bibliographic information